緊那羅太鼓(Kinnara Taiko) in 奈良市 - 北米を代表するタイコ・グループ

画像


東日本大震災ベネフィット・コンサートで、LAのキンナラ・タイコとLAの近くのアーバインに本拠を置くインド舞踊団が来日。最後のコンサートが奈良市で今日開催された。インド舞踊、舞楽、雅楽、太鼓と、バラエティに富んでいるだけでなく、北米のタイコ音楽をその創世記から牽引してきた自信が感じられる堂々とした公演であった。マサオ・コダニ師の存在は大きいが、ジョニー・モリ(下写真)、ジョージ・アベ、クリス・ヤマシタ、ドナ・エバタたちの実力があってこそだろう。

画像


サンフランシスコ太鼓道場のような過剰なストイックさでもなく、サノゼ・タイコの底抜けの明るさでもない、良い意味でのアマチュアっぽさが面白かった。上手下手ではなく、熱情というのかパッションというのか、ともすれば失ってしまう大切なものを、キンナラのみなさんから受け取った気がする。なお、初演だという「獅子舞」も楽しかった。日系アメリカにしかできない出し物ですな。

北米のタイコに密着している和泉真澄さんのおかげ。感謝!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 緊那羅太鼓(Kinnara Taiko) in 奈良市 - 北米を代表するタイコ・グループ asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 00:32