母なる海にたゆたふて - マーク・イズ、ブレンダ・ウォン・アオキ&フレンズ

画像


来年1月中頃にはアメリカへ帰ってしまうマーク・イズ&ブレンダ・ウォン・アオキによるパフォーマンスが東京であります。場所は西荻のほびっと村。子息のKKに多士済々のゲストを迎えたCD発売記念ライブです。アジア系アメリカとか固いことは考えず、参加してみて下さい。尺八のクリストファーさんは名人。ボーカルのきむらみかさんは鬼才。ベースのアラン・グリースンさんとは昔会ったことがあるけど、彼は邦楽のベテランで、ベースも弾く才人。翻訳家としても知られていて、「はだしのゲン」を初めて英訳したひとでもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

IKEGAMI
2007年12月08日 15:55
ケイ赤城のPost,コメント入れなくちゃと思ってるうちに新しい誘惑INFOが。
この西荻GIG、行けたらいいなあと思ってます。
2007年12月09日 00:07
是非行ってみて下さい。アジア系アメリカ人や白人が、雅楽や邦楽を「自分たちのアイデンティティを表す音楽」として奏でる現場になると思います。
hana
2007年12月09日 12:25
あの、ひょっとしてBrend Aokiさんって、ご近所かもしれないです・・・!すごい偶然ですね~!びっくりです。
機会があれば、Brendaさんとぜひゆっくりお話したいものです。12月15日は一時帰国で日本にいますが、用事が入っていて京都から東京にはいけなさそうです・・・残念!!とても残念!!
2007年12月09日 16:47
えっ、SFでご近所なんですか?(笑)ブレンダは気さくなひとですし、話題も豊富です。是非会ってみて下さい。先日も京都で会ったのですが、詩吟について尋ねられて立ち往生しました。次に彼女に会うまでに調べておかないと・・。「鞭声粛々夜河を渡る~」しか知らないしなぁ。漢文とか漢詩は大の苦手で・・(言い訳ばっかり)

この記事へのトラックバック