ブレンダ・ウォン・アオキ「グンジロー叔父さんの恋人」東京で上演!

画像

■IHJアーティスト・フォーラム■
Uncle Gunjiro’s Girlfriend & Whiteman
「日米芸術家交換プログラム」で来日中のブレンダ・アオキとトニー・ドゥスーザが、自作品の抜粋上演とリーディングを行います。
2007年10月26日(金) 7:00 PM、国際文化会館講堂

Uncle Gunjiro’s Girlfriend:

ストーリー・テラー、脚本家、パフォーマー、作家、録音アーティストとして活躍しているブレンダと、彼女の夫でジャズベーシスト、雅楽の研究家、作曲家であるマーク・イズがブレンダの近作『Uncle Gunjiro’s Girlfriend』(グンジロウ叔父さんの彼女)を上演します。マーク(おなじく日米芸術家交換プログラムで来日中)のオリジナル楽曲も演奏されます。

日本人と白人の結婚がまだ禁じられていた当時、白人女性と結婚した彼女の大叔父の実話に基づく作品です。彼らの勇気ある愛と3世代のちの子孫に与えた影響を、ブレンダが語ります。

Whiteman:

トニー・ドゥスーザは最近刊行され、華々しいデビュー作となった『Whiteman』の一説を朗読します。西アフリカに救授隊員として渡ったアメリカ人ジャックと、現地での彼の保護者ママドゥは、血なまぐさい派閥の対立やワイルドなアフリカの生活を体験し、偏見は人種を問わず存在すること、真のヒロイズムは思いがけないところにあることを知ります。

現在北海道、根室市に滞在しているトニーは、アイヌ文化を研究している日常を
つづった日記も紹介します。

彼の二作目の小説『The Konkans』が来年2月に発売予定。


■日時:2007年10月26日(金)7:00 pm
■会場:国際文化会館 講堂
■言語:英語(通訳あり)
■入場料:無料(要予約)
■共催:駐日米国大使館
■ご予約、またはお問い合わせは国際文化会館企画部までお願いいたします。03-
3470-3211  メール: ihj-arts@i-house.or.jp.
■ウェブ上でもご予約いただきます:www.i-house.or.jp

*******************************************
Uncle Gunjiro’s Girlfriend & Whiteman
Three Japan-US Creative Fellows Perform and Read their Works
Featuring Brenda Wong Aoki, Mark Izu and Tony D’Souza
7:00 P.M. Friday, Oct. 26, 2007 Lecture Hall, International House of Japan

Date: Oct. 26, 2007, 7:00 PM
Venue: IHJ Lecture Hall
Language: English with some consecutive translation
Admission: Free (reservations requested)
Co-sponsored with the US Embassy in Japan

For information or reservations please contact the International House of Ja-pan Program Office: 03-3470-3211 or e-mail: ihj-arts@i-house.or.jp.

Online reservations can be made at www.i-house.or.jp


Uncle Gunjiro’s Girlfriend:

A family secret is unraveled to reveal an incredible tale of forbidden passion occasioned by a marriage between a Caucasian woman and a Japanese man in the US. In 1909, Brenda Wong Aoki’s great uncle Gunjiro fell in love with Helen Gladys Emery, the daughter of the Archdeacon of San Francisco’s Grace Cathedral. Their announced engagement triggered a media blitz of “yellow peril” headlines, provoked public outrage, death threats and culminated in the loss of Emery’s citizenship. This lecture will include archival photographs, music and a performance excerpt from the full-length play Uncle Gunjiro’s Girlfriend, which has been performed throughout the US and at the Adelaide International Arts
Festival in Australia. The reading/performance will be accompanied with original music by Mark Izu and Kai Kane Aoki-Izu.

Whiteman:

Tony D’Souza will read from his recently published novel, White-man, an
extraordinary debut novel about a maverick American relief worker deep
in the West African bush. Against a backdrop of bloody sectarian
conflict and vibrant African life, the American Jack and his village
guardian, Mamadou, learn that hate knows no color and that true heroism
waits for us where we least expect it. Tony, currently residing in
Nemuro, Hokkaido, will also read excerpts from his journals describing
his encounters with the local Japanese and Ainu culture.


Brenda Wong Aoki, Mark Izu and Tony D’Souza are US-Japan Friendship
Commission Creative Artist Fellows currently residing in Japan. A
playwright and composer, Brenda and Mark are from San Francisco
(www.firstvoice.org). Tony has contributed to The New Yorker, Playboy,
Salon, Esquire, Outside, Best American Fantasy, McSweeney's, Tin House
and elsewhere. ( www.tonydsouza.com)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック