asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖

アクセスカウンタ

zoom RSS Djavanの新譜 ― 至福の歌

<<   作成日時 : 2011/03/05 20:07   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


同時に何冊かの本を読んでいたら肩がこった。目が疲れ、首も痛む。「虻蜂取らず」とはこのことか。そういえば、先日、NHK-BSの番組で、禅宗の僧侶で作家の人が、「壁にぶつかったら乗り越えようとせずに横に歩け。そうしたら壁が消えることがある」という、ブログ主にとって実に都合のよい(笑)箴言を口にしていた。横に歩けばCDに当たる。でも、これって、単なる自己愛やん。自己愛のオッサン。最低やな。(苦笑)

で、東心斎橋のThe MELODYで見つけたジャバンのCD。これなんか、「音楽抗不安剤のOverdose」みたいなものである。本当のOverdoseは困るが音楽なら誰も傷つかない。禅宗といえば、ジャバンのひたむきな姿勢は禅宗や座禅にも通じるかもしれない。そんなことはないか。今回はすべてがカバー曲で、よくわからないが、カエターノやらジルベルト・ジルやら、ブログ主でも知っている名前が並ぶし、実際、絶品の曲ばかりだ。歌詞はわからんが、わからんでもこれだけ良いのだからわかったら・・恐ろしい。(^v^)

The MELODYのご主人が「ジャバンは作曲家ですわ」と言っていたし僕も賛成だが、このアルバムでは他人の曲だけなので、ジャバンの強みが消えているかというと、自分の曲みたいに軽快に乗って歌っているし、伴奏のアレンジも極上で、さすが、と感心するしかない。まさに至福の音楽。ギターとベースが良ければ勝ったようなもんである。

Tracklisting:
title - composer
1. Disfarça e Chora - Angenor de Oliveira /Dalmo Martins Castello
2. Oração ao Tempo - Caetano Veloso
3. Sabes Mentir - Othon Fortes Russo
4. Apoteose ao Samba - Silas Oliveira /Mano Décio
5. Luz e Mistério - Beto Guedes / Caetano Veloso
6. La Noche - Enrique Heredia Carbonell/Juan Jose Suarez Escobar
7. Treze de Dezembro (instrumental) - Luiz Gonzaga / Zé Dantas / Gilberto Gil
8. Valsa Brasileira - Edu Lobo / Chico Buarque
9. Brigas Nunca Mais - Antonio Carlos Jobim / Vinícius de Moraes
10. Fly Me To The Moon - Bart Howard
11. Nada A Nos Separar (West of the Wall) Romeu Nunes / Wayne Shanklin
12. Palco - Gilberto Gil

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Djavanの新譜 ― 至福の歌 asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる